teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:mia  投稿日:2017年 6月10日(土)10時47分45秒
  サイト復活!  
 

復活

 投稿者:南斗のレイ  投稿日:2017年 5月17日(水)19時56分48秒
  南斗のレイ心霊研究所が新たに再開しました!

http://nanto.kakurezato.com/

 

(無題)

 投稿者:南斗のレイ  投稿日:2015年 7月 1日(水)20時21分4秒
  そうです。サイトはもうありませんが。  

えーと

 投稿者:mia  投稿日:2014年 6月 5日(木)19時08分4秒
  こちらは南斗のレイ心霊研究所の掲示板でしょうか?
 

はじめましてm(。。)mペコリ

 投稿者:朝比奈  投稿日:2006年 3月 6日(月)19時46分3秒
  はじめましてです!!
朝比奈(あさひな)と申します。
この前思ったのですが・・・
『霊の見える人には、悪い人はいない。』
ということです。霊が見えるということは、「物事を広く見ている」ということだと私は考えているので、霊の見える人には悪い人はいないと思います。
これについてのコメントは、
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=PIANOorBAREE
こちらの、『ファンタジー掲示板』までどうぞ。
 

死神

 投稿者:ミーア・キャンベル  投稿日:2006年 2月27日(月)14時33分15秒
  私の友達が体験した話です
その友達Yは家族4人で暮していました。
ある日の夜、Yが二階の自分の部屋で寝ていると、突然目を覚ましました。時間は深夜2:00ごろだったそうです。もう一度寝ようとしたのですがなかなか寝付けません。すると、玄関のドアが開く音がして誰かが入ってきました。Yが泥棒かと思いながらも動けずにいると、その足音は『ドスン!………ドスン!』と重い足音で、二階に向かい階段を上がってきたのです。大きな足音で家族が起きてきてくれると思ったのですが、だれも起きてくる気配がありません。その間も足音は『ドスン!………ドスン!』と階段を上ってきます。そしてとうとうYの部屋の前で止まりました。とっさに布団の中に隠れると、足音は部屋の中に入ってきました。Yが布団の隙間からこっそり見てみるとそこには、頭から足まで真っ黒なマントをかぶった、身長が2mはある大きな人が立っているのです。そして右手には大きな鎌をもっていました。
その人は、Yをしばらくながめていたかと思うと、突然首を振り、『違う…』と言って消えてしまいました。
そして次の日、隣の家の、Yと同じくらいの年の男の子が首を切られて亡くなっていたのです。

あれは死神だったのでしょうか?
 

体験談

 投稿者:まな  投稿日:2006年 2月20日(月)19時28分51秒
  体験談です。ちなみに私は霊が見えます。私が友達と遊んでいたらなんか着物きて白い顔して鼻がない幽霊がいて、目があってしまいました。友達は「どしたの??」って聞いたので「別になにもないけど・・・」と言ってしまいました。夜になってシャワーを浴びていると突然何かが私を触ってきたんです。(触ったのは背中)それで「きゃーーーっ」と叫ぶと突然意識がとおのくなり気がつくと病院のベットで寝ていました。聞いた話によると背中に傷を負って倒れていたそうです。悲鳴によりここに来たそうです。もう一つ体験談があります。私が1人で人形(カラクリ人形)で遊んでいると霊にカラクリ人形を取られて追いかけると崖になっていたので諦めると突然人形が手の中に納まりました。そして思い出したんですがこれは海で行方不明になったかたの人形だと思い出したので海に自分ごと飛び降りると人形を置いて泳いで岸へ戻ろうとしました。すると突然足を引っ張られてもがいているとその方は行方不明になった方でした。そしてまた意識が遠のくなり病院のベットで寝ていました。足に白骨がからまっていたそうです。霊をお祓いしたい方は言ってくださいね。  

学校で・・・・・・??

 投稿者:wwwwwwwwww  投稿日:2006年 2月17日(金)18時42分22秒
  僕は・・・仲の良い友達が2人います。いつも昼休みになるとサッカーをしにいきます。いつもと同じように外にいきました。すると・・・外は薄暗く不気味です。  

二段ベッドの下に…

 投稿者:ミーア・キャンベル  投稿日:2006年 2月13日(月)14時35分41秒
  *ある日、友達が私の家に泊まりに来ました。最初はご飯を食べてお風呂に入って寝る、という計画だったんだけど、友達のKさんが「寝る前に怖い話をしようよ!!」と言いました。それに皆は大賛成。夜が楽しく待ちきれませんでした。
*そしてその日の夜、私は床、Kさんは上のベッド、Aさんは下のベッドで寝ました。いつもは私が下のベッドで上にお姉さんが寝るんですが、その日、私の友達が泊まりに来るということを知ったら違う部屋で寝るということになりました。
*10時から話を始めて5時間たちました。Aさんが「私なんか寒気がする…。」といったので話はもう止めにしました。皆ぐっすり眠りました。
*……ん?なんかうめき声が聞こえる。そう思ったのは4時でした。ふと、顔を上げるとなんと!!Aさんのお腹の上に小さいオカッパ頭の女の子が座っていました。そして手に白く光る玉を持つとスウッと消えてしまいました。私は目の錯覚だと思いそのまま寝てしまいました。
*次の朝、起きてみるとAさんの顔が白く、「どうしたのっ!?」といって手をつかむと氷のように冷たいのです。スグ親に言って病院に運んでもらいましたが、もうすでに死んでいました。私はハッ!!と気がつきました。Aさんの顔の横を見るとオカッパ頭の子がニヤリと顔をだしたのです。
 

実話

 投稿者:モンブラン  投稿日:2006年 1月21日(土)03時32分8秒
  僕は一人暮らしをしています。
その日は当時付き合っていた彼女が泊まりに来ていました。僕はロフトで、彼女は下のソファで眠りにつきました。
僕はとても怖い夢で目がさめました。汗だくになりながら彼女の寝ているソファを見ようと下を覗くと、なにやらテーブルで彼女が何かを書いているようでした。
「何してんだろ?」声を掛けようとした時、僕はすぐ隣のソファで寝ている彼女が目に入りました。彼女じゃない。じゃあだれだ?
よく見ると服は白い服を着ていて、長い髪の毛で顔は見えません。けどなにやら規則的な動きで手首だけが動いています。
慌てて電気のスイッチを探し点けると、そこにはもうなにもい
 

レンタル掲示板
/9